会社設立の用語集 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立の用語集

合同会社とは

合同会社は持分会社に分類れます

2006年の新しい会社法が施行されました。
その際に、新たに設立が認められた会社組織が合同会社です。

株式会社の経営は株主の意向に左右されやすいと言えます。
それに比べ合同会社は、自由経営が行いやすい会社形態です。

合同会社は、もともとアメリカで認められているLLCという会社形態が基にして新たに導入されました。
細かい点がアメリカのLLCと異なっており、日本版LLCなどと呼ばれています。

会社法には株式会社と持分会社という2つの類型があります。
合同会社が持分会社に該当します。

持分会社の中でも、合同会社は全社員が有限責任となる会社組織です。

有限責任とは、会社が万が一借金等を負ったとします。
その際、社員が出資した分を超えてまで、債務を責任を負わないというものです。

これが合同会社というものです。

新会社法の施行により新たな有限会社が設立できなくなりました。
そのため、合同会社を設立する人が増えています。

会社設立をお考えの方は参考にしてみてください。
ご相談があればお気軽にご連絡ください。

株式会社とは

会社といえば株式会社

日本で一番メジャーな会社形態といえば株式会社です。

株式会社とは、株式を発行し多くの出資者から資金を集め、そのお金で事業活動を行う会社のことです。

会社が借金を負ってしまったとします。
株式会社であれば、社員は株に投資した資金の分の責任を負うのみです。

また、会社の出資者は株主であり、業務執行は取締役がします。
つまり、所有と経営が分離されています。

株主は、会社の利益が増えれば、株数に応じて配当金等を受けることができます。
さらに株主総会に参加し会社の経営に参加することもできます。
会社の意思決定は社員ではなく、株主の集まりである株主総会が行います。

こういったことが株式会社の特徴となります。
会社設立をお考えの方は参考にしてください。

会社の種類とは

会社形態は4種類ある

単に、会社設立・法人化といっても、会社形態にはいくつか種類があります。

新しく施行された会社法では、有限会社が撤廃されました。
そして、合同会社という新しい会社形態が仲間入りしました。

日本の法律で認められている会社は4種類です
合名会社、合資会社、合同会社、株式会社です。

この4種類は2つに分類されます。
株式会社と持分会社(合名・合資・合同)です。

持分会社は原則、出資者全員の同意によって運営され、
出資者自らが業務執行をします。

つまり、会社の所有と経営が分離されていない会社です。

株式会社は出資者は株主でです。
業務執行は経営の専門家である取締役が行います。

持分会社とは違い、所有と経営が分離された会社です。

また、合名会社は無限責任の社員のみで構成されています。
合資会社は有限責任と無限責任の社員で構成されます。

株式会社と合同会社は有限責任の社員のみで構成されます。

無限責任・有限責任とは、会社の借金等を個人がすべて負うのが無限責任、責任が出資金額の範囲内でしか責任を負わないなが有限責任です。

このように会社には種類とそれぞれの特徴があります。

なので、会社設立をされる前に専門家等に相談してみるのもいいかもしれません。


《 前 1 2


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。