発起人とはなんですか? - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立 よくある質問 > 発起人とはなんですか?

発起人とはなんですか?

発起人は会社設立の企画者です

発起人とは、株式会社設立の際に、企画者として定款に署名した人です。
発起人=取締役というわけではありません。

発起人の人数は1人でも、奥さんや友達と複数でなってもかまいません。
発起人が複数いる場合には、一人が代表者となり発起人総代と呼ばれます。
発起人となった者は最低でも、1株は引き受けなくてはなりません。

会社設立の手続きは発起人による定款の作成から始まります。

発起人の主な仕事は
・定款の作成
・株主の募集
・株主に出資金を支払わせる
の3つになります。

発起人には、未成年者などの民法上の制限行為能力者でもなることができます。
しかし、15歳未満の人は印鑑登録ができないため、対象にはなりません。

発起人についてわかりましたか?

会社設立にはこういった専門知識が必要となってきます。
会社設立をお考えの方はお気軽にご相談ください。


> 会社設立 よくある質問

会社設立よくある質問一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。