会社を設立するまでの流れはどのようなものですか? - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立 よくある質問 > 会社を設立するまでの流れはどのようなものですか?

会社を設立するまでの流れはどのようなものですか?

会社設立までの基本的な流れ

1、基本事項を決める
会社名・事業目的・本店の所在地・事業年度・発起人・取締役・監査役・資本金・出資株数・1株単価などを決めます。

2、会社印鑑を作成する
登記申請をする際に代表者印が必要になります。その他に会社を設立すれば、銀行印、社印が必要となってきます。

3、定款の作成、認証をする
決めた基本事項をもとに定款を作成します。

4、公証役場で定款認証を受ける
公証役場で公証人の定款の認証を受けます。
発起人の印鑑証明書が必要となります。

5、資本金の払込を行う
資本金の払い込みは金融機関にて行います。

6、設立登記を行う
法務局にて登記申請を行います。
登記申請をした日が会社の設立日となります。

7、登記簿謄本と会社印鑑証明書の交付申請
登記が完了すれば、会社の登記簿謄本と印鑑証明書を法務局に取りにいきます。

会社設立の流れはこのようなものになります。

会社を設立する際には専門知識やたくさんの書類を作成、手続きが必要になってきますので、個人では大変かと思います。
会社設立をお考えの方はお気軽にご相談ください。


> 会社設立 よくある質問

会社設立よくある質問一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。