現物による出資をする方法は? - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立 よくある質問 > 現物による出資をする方法は?

現物による出資をする方法は?

検査役の調査は省略することができます

会社に出資金の払込は、原則として現金による払込です。
また、不動産や事業機器などの金銭以外の財産の出資を受ける方法もあります。

そのほうが、会社の事業活動を円滑に行える場合があります。
このような金銭以外の出資を現物出資といいます。

現物出資を行う際には、原始定款に出資者の氏名、財産及びその価格、出資者に割り当てられる設立当時の発行株式数を定めなければなりません。

出資した財産が会社に引き渡されたことを証明する財産引継書を作成します。

現物出資における問題点はその財産の受入価額となります。

出資財産が過大評価を避けることを防ぐ必要があります。
そのため、発起人は裁判所に検査役の選任を申立て、検査役の調査を受けます。

検査役の調査は以下の場合に省略することができます。
・定款に記載されている財産の価額の総額が500万円を超えない場合
・市場価格のある有価証券が出資財産である場合
・定款に出資財産の価額が相当であることについて、資格者の証明を受けた場合

以上が現物による出資の方法です。


> 会社設立 よくある質問

会社設立よくある質問一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。