定款作成はどうすればいいのか? - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立 よくある質問 > 定款作成はどうすればいいのか?

定款作成はどうすればいいのか?

定款の作成にはルールがあります

スムーズに公証人の認証を受けるためにも次の基本的な事柄を確認してください。

1、 形式
特に決まった形式はありません。
一般的には、A3判の紙を2つ折りにして作成します。
また、市販で定款様式というものもあります。

2、 筆記方法
パソコンでも、手書きでも構いません。
手書きの場合には黒ボールペンを使用します。
用紙を2枚用意して、その間にカーボン紙をあてて、3枚複写で作成します。

3、 作成部数
同じ内容のものを3部作成します。
公証人役場保存用の原本、登記申請用原本、会社保存用原本になります。

4、 定款の綴じ方、押印
綴じ方には、袋とじとステープラーで止める方法があります。
定款には発起人全員の押印(個人の実印)が必要になります。

5、 訂正の仕方
訂正箇所を二重線で消し、その上の部分に正しい文字を書きます。
そして、定款の最終ページの下段に訂正箇所につき「第○条中○字削除○字加入」と記入し、発起人全員の実印を捨印として押しておきます。
訂正がない場合でも、定款認証の際に訂正が必要になる可能性があるので、発起人全員の実印を捨印として押しておく方がいいでしょう。

以上が定款作成の基本的なルールとなります。
自分で定款を作成するとなると、とても手間がかかります。
会社設立の際にはどうぞお気軽にご相談ください。


> 会社設立 よくある質問

会社設立よくある質問一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。