会社印鑑とはどのようなものですか? - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立 よくある質問 > 会社印鑑とはどのようなものですか?

会社印鑑とはどのようなものですか?

株式会社を設立するには、設立登記申請の際に必要となる代表印をはじめ、銀行印(銀行届出印)、社印(角印)、ゴム印が必要となります。

その中で最も重要な印鑑となるのが代表印です。
これは設立登記申請する際に、会社の実印として登記所に届で出る印鑑です。

通常、出来上がるまでに10日前後かかります。
会社の商号が決まったら、できるだけ早く発注しましょう。

代表社印の大きさや材質などには制約があります。

一般的には、一辺が30㎜以内の正方形に収まり、かつ直径が14㎜以上のものであれば楕円でも構わないとされています。
多くは直径16.5㎜程度の丸型が使われています。

丸の外側には会社名を入れます。
内側には「代表取締役印」または「代表取締役之印」と彫るのが一般的です。


> 会社設立 よくある質問

会社設立よくある質問一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。