事業年度はどういう風に決めればいいの? - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立 よくある質問 > 事業年度はどういう風に決めればいいの?

事業年度はどういう風に決めればいいの?

事業年度は会社ごとに自由に決めることができます

事業年度とは、その会社の会計上での期間の区切りのことです。
1年以内であれば1回でも2回でも構いません。

半年に1回のペースで決算作業をするのは大変手間がかかります。
なので、多くの会社は事業年度を1年間にしています。

いつからいつまでにするかは会社ごとに決めることができます。
一般的には4月1日から翌年3月末までを事業年度とします。

注意点としては、税務申告の時期との関係です。
法人の税務申告の時期は決算日より2か月以内と定められています。

その間に株式総会を開き、株主から決算に関する承認を得て、
申告手続きをしなければなりません。

このような面倒な作業は会社の繁忙な時期や会社設立当初は避けるべきです。

例えば、会社設立が3月1日で、事業年度が4月1日から翌年3月末だとします。
すると、会社設立1か月後に決算が来てしまいます。

ゆとりのある経営プランを立てるためにも会社設立日から決算日までの期間は空けておいた方がいいのではないのでしょうか。


> 会社設立 よくある質問

会社設立よくある質問一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。