資本金はどのくらい必要ですか? - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立 よくある質問 > 資本金はどのくらい必要ですか?

資本金はどのくらい必要ですか?


会社を設立するときの資本金はどれぐらい必要ですか?という質問を受けます。

新会社法の施行により、最低資本金規制が撤廃されました。
そのため、株式会社であっても、資本金1円から設立することができます。

ただ、逆にいくらでもいいと言われると、迷ってしまうものです。

そもそも、資本金は会社の運営するための元手となります
資本金があまりにも少ないと事業が継続できないという事態が起こりかねません。

事業を始めてから、お金が入ってくる見込みが立つまでの間、少なくとも2~3か月分の運転資金と考えるのが目安ではないでしょうか。

また、資本金は会社の信用性をみる指標となってもいます。
資本金だけで、信用を見るわけではありませんが、あまりに少ないと取引相手も不安を感じてしまいます。

しかし、多ければいいというものでもありません。
資本金1000万円未満の会社であれば、設立後2期は消費税が免税されます。
ですので、資本金は1000円未満にした方がよいでしょう。

つまり資本金は、1000万円未満で、会社を最低でも2~3か月運営できる額を設定するのがいいのではないでしょうか。


> 会社設立 よくある質問

会社設立よくある質問一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。