自宅を本店として会社設立をすることはできますか? - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立 よくある質問 > 自宅を本店として会社設立をすることはできますか?

自宅を本店として会社設立をすることはできますか?

自宅を本店として会社を設立することができます

本店の所在地とは、会社の本社の法律上の住所です。

起業当初には様々な費用がかかるので、できるだけおえたいものです。
そうなった時に事務所を借りずに、自宅で起業を考える方もいると思います。

本店を自宅とすることに問題はありませんが、注意点があります。

まず、自宅が賃貸の場合です。
この場合は、居住用とし借りられているはずです。
事務所として使用して良いか、借主に事前に了解を得る必要があるでしょう。
賃貸契約書に事業ので使用を禁止している場合も多いので、確認する必要があります。

また、自宅を本店にしていると手狭になってきて、事務所を新た借りて移転したい。となるかもしれません。
会社の本店は移転する際には、「本店移転」の手続きが必要になります。
手続きの費用として、印紙代3万円~6万円が最低でもかかってしまいます。

こういったデメリットと事務所費用がかからないというメリットを比較して本店の所在地をお考えください。
会社の設立について相談があれば、お気軽にご相談ください。


> 会社設立 よくある質問

会社設立よくある質問一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。