事業目的を決める際に気をつけることはなんですか? - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立 よくある質問 > 事業目的を決める際に気をつけることはなんですか?

事業目的を決める際に気をつけることはなんですか?

何をする会社なのかがわかるようにしよう

会社設立の際に、あなたの会社がどんな事業をしたいのか目的を決めます。

会社の事業目的を決める際に気を付けることは、
1、 他人から見て何をする会社かわかるようにする。
会社の目的は第三者が見てもその会社がどのような営業活動するものであるのかを第三者がわかる程度に明確にする必要があります。

2、 法律で規制されている業務は目的とすることができない。
日本の法律で禁止されていることは、事業目的のすることはできません。
例えば、禁止されている物の輸出入などは事業目的にできません。

3、 事業目的の文字は原則として日本の文字しか使えない。
事業目的の記載に使用する文字は、漢字、ひらがな、カタカナのみです。
アルファベットなどの外国文字は使用できません。
外国文字でも、IT、CDなどの使用はできます。

これが事業目的を決める際の注意点となります。
また、許認可を必要とする業種の場合は、必ず関係官庁に相談しましょう。

会社設立の際に参考にしてください。


> 会社設立 よくある質問

会社設立よくある質問一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。