会社設立 よくある質問 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立 よくある質問

定款認証とはなんですか?

認証を受けて初めて、法的な効力を持ちます

作成した定款は公証役場に行き、公証人から定款の認証を受けます。
定款の認証を受けた後に、法務局に登記します。

公証人は定款の内容を検討し、不備はないかなどを審査します。
そして不備があれば、訂正をしてくれます。
あまりにも誤りが多い場合には、再作成となります。

定款認証に必要なもの
・定款3通
・発起人全員の印鑑証明書
・委任状(必要なとき)

公証役場には原則発起人全員で行きます。
都合がつかないときは、発起人全員の実印を押した委任状が必要です。

定款作成はどうすればいいのか?

定款の作成にはルールがあります

スムーズに公証人の認証を受けるためにも次の基本的な事柄を確認してください。

1、 形式
特に決まった形式はありません。
一般的には、A3判の紙を2つ折りにして作成します。
また、市販で定款様式というものもあります。

2、 筆記方法
パソコンでも、手書きでも構いません。
手書きの場合には黒ボールペンを使用します。
用紙を2枚用意して、その間にカーボン紙をあてて、3枚複写で作成します。

3、 作成部数
同じ内容のものを3部作成します。
公証人役場保存用の原本、登記申請用原本、会社保存用原本になります。

4、 定款の綴じ方、押印
綴じ方には、袋とじとステープラーで止める方法があります。
定款には発起人全員の押印(個人の実印)が必要になります。

5、 訂正の仕方
訂正箇所を二重線で消し、その上の部分に正しい文字を書きます。
そして、定款の最終ページの下段に訂正箇所につき「第○条中○字削除○字加入」と記入し、発起人全員の実印を捨印として押しておきます。
訂正がない場合でも、定款認証の際に訂正が必要になる可能性があるので、発起人全員の実印を捨印として押しておく方がいいでしょう。

以上が定款作成の基本的なルールとなります。
自分で定款を作成するとなると、とても手間がかかります。
会社設立の際にはどうぞお気軽にご相談ください。

会社印鑑とはどのようなものですか?

株式会社を設立するには、設立登記申請の際に必要となる代表印をはじめ、銀行印(銀行届出印)、社印(角印)、ゴム印が必要となります。

その中で最も重要な印鑑となるのが代表印です。
これは設立登記申請する際に、会社の実印として登記所に届で出る印鑑です。

通常、出来上がるまでに10日前後かかります。
会社の商号が決まったら、できるだけ早く発注しましょう。

代表社印の大きさや材質などには制約があります。

一般的には、一辺が30㎜以内の正方形に収まり、かつ直径が14㎜以上のものであれば楕円でも構わないとされています。
多くは直径16.5㎜程度の丸型が使われています。

丸の外側には会社名を入れます。
内側には「代表取締役印」または「代表取締役之印」と彫るのが一般的です。

事業年度はどういう風に決めればいいの?

事業年度は会社ごとに自由に決めることができます

事業年度とは、その会社の会計上での期間の区切りのことです。
1年以内であれば1回でも2回でも構いません。

半年に1回のペースで決算作業をするのは大変手間がかかります。
なので、多くの会社は事業年度を1年間にしています。

いつからいつまでにするかは会社ごとに決めることができます。
一般的には4月1日から翌年3月末までを事業年度とします。

注意点としては、税務申告の時期との関係です。
法人の税務申告の時期は決算日より2か月以内と定められています。

その間に株式総会を開き、株主から決算に関する承認を得て、
申告手続きをしなければなりません。

このような面倒な作業は会社の繁忙な時期や会社設立当初は避けるべきです。

例えば、会社設立が3月1日で、事業年度が4月1日から翌年3月末だとします。
すると、会社設立1か月後に決算が来てしまいます。

ゆとりのある経営プランを立てるためにも会社設立日から決算日までの期間は空けておいた方がいいのではないのでしょうか。

資本金はどのくらい必要ですか?


会社を設立するときの資本金はどれぐらい必要ですか?という質問を受けます。

新会社法の施行により、最低資本金規制が撤廃されました。
そのため、株式会社であっても、資本金1円から設立することができます。

ただ、逆にいくらでもいいと言われると、迷ってしまうものです。

そもそも、資本金は会社の運営するための元手となります
資本金があまりにも少ないと事業が継続できないという事態が起こりかねません。

事業を始めてから、お金が入ってくる見込みが立つまでの間、少なくとも2~3か月分の運転資金と考えるのが目安ではないでしょうか。

また、資本金は会社の信用性をみる指標となってもいます。
資本金だけで、信用を見るわけではありませんが、あまりに少ないと取引相手も不安を感じてしまいます。

しかし、多ければいいというものでもありません。
資本金1000万円未満の会社であれば、設立後2期は消費税が免税されます。
ですので、資本金は1000円未満にした方がよいでしょう。

つまり資本金は、1000万円未満で、会社を最低でも2~3か月運営できる額を設定するのがいいのではないでしょうか。

自宅を本店として会社設立をすることはできますか?

自宅を本店として会社を設立することができます

本店の所在地とは、会社の本社の法律上の住所です。

起業当初には様々な費用がかかるので、できるだけおえたいものです。
そうなった時に事務所を借りずに、自宅で起業を考える方もいると思います。

本店を自宅とすることに問題はありませんが、注意点があります。

まず、自宅が賃貸の場合です。
この場合は、居住用とし借りられているはずです。
事務所として使用して良いか、借主に事前に了解を得る必要があるでしょう。
賃貸契約書に事業ので使用を禁止している場合も多いので、確認する必要があります。

また、自宅を本店にしていると手狭になってきて、事務所を新た借りて移転したい。となるかもしれません。
会社の本店は移転する際には、「本店移転」の手続きが必要になります。
手続きの費用として、印紙代3万円~6万円が最低でもかかってしまいます。

こういったデメリットと事務所費用がかからないというメリットを比較して本店の所在地をお考えください。
会社の設立について相談があれば、お気軽にご相談ください。

事業目的を決める際に気をつけることはなんですか?

何をする会社なのかがわかるようにしよう

会社設立の際に、あなたの会社がどんな事業をしたいのか目的を決めます。

会社の事業目的を決める際に気を付けることは、
1、 他人から見て何をする会社かわかるようにする。
会社の目的は第三者が見てもその会社がどのような営業活動するものであるのかを第三者がわかる程度に明確にする必要があります。

2、 法律で規制されている業務は目的とすることができない。
日本の法律で禁止されていることは、事業目的のすることはできません。
例えば、禁止されている物の輸出入などは事業目的にできません。

3、 事業目的の文字は原則として日本の文字しか使えない。
事業目的の記載に使用する文字は、漢字、ひらがな、カタカナのみです。
アルファベットなどの外国文字は使用できません。
外国文字でも、IT、CDなどの使用はできます。

これが事業目的を決める際の注意点となります。
また、許認可を必要とする業種の場合は、必ず関係官庁に相談しましょう。

会社設立の際に参考にしてください。

商号を決める時に注意することは?

商号は会社の顔です

株式会社を設立する上で、最初に決めるのが会社の商号(名前)です。

基本的には会社の商号は自由に決めてよいのですが、いくつかルールがあります。
1、 株式会社という名前を入れる
2、 ローマ字が使える(大文字でも小文字でも)
3、 アラビア数字が使える(数字のみでも○、株式会社555)
4、 語句を区切る言葉は使える(「&」、「'」「,」「.」「‐」「・」)
5、 会社の1部門を表す文字は入れられない(○○株式会社○○支部は×)
6、 公序良俗に反する文字は入れられない(賭博、わいせつな文字など)
7、 有名な会社の商号は無断で使えない(三井、三菱、ソニーなど)
8、 「銀行」や「信託」などの文字は使えない

以上が、会社の商号のルールです。

社名は会社のイメージを決める大切な要素です。
覚えやすく、事業内容にふさわしい名称を考えましょう。

監査役とはなんですか?

取締役や会計参与の仕事を監査をする

監査役とは、取締役や会計参与の仕事を監査(監督・調査)する人です。
監査の内容は、会計監査・業務監査の2つに分かれます。

会計監査とは、決算書などと会計帳簿の金額が一致しているかを確認します。
そして、その監査結果を株主総会に報告することです。

業務監査は、取締役や会計参与の仕事が法律や株主総会の決議に基づいて行われているかを監査します。

監査役を設置するのなら、会社の意思決定が法律に違反していないかチェックし、いざという時に、取締役や会計参与にしっかり意見を言える人を選びましょう。

監査役の任期は原則4年です。
譲渡制限会社の場合は任期を最長10年にすることができます。

これが、監査役という機関です。
会社設立の際に参考にしてください。

会社設立の打ち合わせはどのようにしますか?

こちらからお伺いするか、当事務所へ来社していただいております。

また遠方の場合や時間の都合がつかない場合は、メールやFAX、電話での打ち合わせも可能です。


《 前 1 2 3 次 》

会社設立よくある質問一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。