社内規定de - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > > 社内規定de

社内規定de

法人と個人は別人格として扱われます。
法人成りし、社内規定を作ることによって、経費として認められるものがあります。

日本は「申告納税制度」という方式によって、税金を集めます。
この方式のため、証拠や形式が重視されます。

業務に必要な費用に関しては、社内規定に基づいているかどうかによって、
支出の信ぴょう性が疑われてしまう可能性もあります。

そのために、社内規定という形式が必要になります。

例えば、このような社内規定を作る方法があります。

①旅費規定
旅費規定を作り、出張手当を経費にする

例えば、商品の買い付けのために新幹線を利用し、
滞在先でホテルに泊まり、帰ってきたとします。
この場合、往復の交通費と宿泊代は経費とすることができます。

これは、個人事業者でも法人でも一緒です。

そして、法人成りをすれば場合であれば、旅費規定を作ることで、
「出張手当」を支給することができるようになります。

この旅費規定で、出張手当の金額を明記しておくことで、
会社の経費扱いにできる上に、もらった個人も所得税が課税されません。

もちろん、出張手当を異常に高額にすることは、できません。

②慶弔規定
慶弔規定を作り、慶弔金を経費にする

個人事業主では、身内の冠婚葬祭はプライベートな費用とされます。
しかし、法人成りをし、慶弔規定をおいていれば、
見舞金や弔慰金、出産祝いや結婚祝い等も経費として扱えます。

各規定は、多くの会社で規定されているように、
役職や勤続年数等で金額に差をつけるといいでしょう。


>


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。