会社設立を行政書士に相談するメリット・デメリット~会社設立と個人事業 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立と個人事業 > 会社設立を行政書士に相談するメリット・デメリット~会社設立と個人事業

会社設立を行政書士に相談するメリット・デメリット~会社設立と個人事業

会社を設立しようと思った時、あなたは誰に相談しますか?

設立の手続きなどは確かに自分でも出来ますが、
専門性もあり、色々考えると専門家にお願いする方が良い場合もあります。

行政書士はこういう手続きのプロです。

会社設立に関しては行政書士に依頼するのが良いでしょうが、
では、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリットとしては

行政書士は

「許可認可のエキスパート」
「予防法務のプロ」
「コンサルタント」

であるという事です。

まず「許可認可のエキスパート」に関してですが、事業をする上で、
様々な許認可が必要な場合があります。

それは事業をする上で必要だったり、
事業を継続したり、拡大する上で必要だったり、
様々な許認可が必要な場合が出てきます。

行政書士はこのような許可認可の手続きのエキスパートなのです。

次に「予防法務のプロ」と言う事ですが、
仕事をする上で、様々なトラブルに巻き込まれることがあります。

そうならない為に、契約書や各種書類、従業員の事など
チェックしたりするのが、行政書士の仕事でもあります。

最後に「コンサルタント」ですが、行政書士は、他士業との連携
つまり、税理士や社会保険労務士、司法書士などと連携している場合が多いです。

その連携により、どのような問題やケースにも対応できるのです。

このようなメリットが行政書士に会社設立を依頼する事により
手に入ると言っても過言ではないでしょう。

ただ、デメリットとしては
費用がかかると言う事です。

行政書士は国の機関ではなく、またボランティアでも無いために
費用はかかります。

会社の設立のみで言えば5から7万位が平均報酬額ですが
この費用があえてデメリットとなります。

このメリット・デメリットを踏まえて、今後の事業がスムーズにいくように
会社の設立や事業計画を考えて行って頂ければと思います。

(関連記事)
専門家 行政書士


> 会社設立と個人事業


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。