会社運営にかかわる法律(独占禁止法) - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社に係わる法 > 会社運営にかかわる法律(独占禁止法)

会社運営にかかわる法律(独占禁止法)

市場経済の健全な発達を促進することを目的としています

正式名称は「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」です。

公正かつ自由な競争を促進し事業者が自主的な判断で自由に活動し
国民の経済の健全な発達を目的とした法律です。

3つの柱によって構成されています。
私的独占の禁止と不当な取引の制限と不公正な取引方法の禁止です。

独占禁止法の規制を実現する組織として、公正取引委員会が設けられています。
独占禁止法は市場の自由化促進への妨害の監視が期待されています。


> 会社に係わる法


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。