会社設立のデメリット その他 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 会社設立のデメリット その他

会社設立のデメリット その他

法人化することによるデメリットも知っておきましょう

前回、会社設立でのデメリットとして、設立の費用と時間についてをあげました。

その他にはこのようなものがあります。

1.法人住民税
個人事業の場合は所得が赤字になれば、税負担は発生しません。
しかし、会社の場合には所得が赤字であっても、最低でも7万円/年の法人住民税均等割が課せられます。

2.交際費の制限
個人ではすべて交際費が経費として認められます。
会社であれば一定の額しか経費として認められません。

3. 社会保険料
法人は社会保険の加入が強制されています。
社会保険が適用されることは大きなメリットです。
しかし、その反面、保険料が高くなります。

4.経理処理
会社には税法で『複式簿記』が義務付けられています。
個人事業よりも厳密な会計ルールに従った帳簿処理が求められます。

これらが、会社設立・法人化する上でのデメリットになるでしょう。

これまでのコラムで、会社設立・法人化における大きなメリットとデメリットをあげました。

売上が大きくなってくるようなら会社の形態を選択した方がメリットが大きいと言えます。

この機会に、会社設立を考えてみてはいかがでしょうか。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。