複数の会社を持つ - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 複数の会社を持つ

複数の会社を持つ

複数の会社を持つことで、得をすることがあります。

事業が順調に成長しているのであれば、法人成りをするメリットがたくさんあります。

そして、大きく儲かっているのであれば、
複数の会社を起こすことができれば、もっと得することができます。

会社を複数作ることは可能です。
実際に中小企業であっても、複数の会社を所有している会社は結構います。

複数の会社を持つことのメリットとしては、
・交際費の枠が増える
・法人税の軽減税率が拡大される
・転籍による退職金が経費扱いになる
・資産を別会社に売却して経費を増やせる
などがあります。

しかし、注意しなければならないこともあります。

その1
<会社には相当の維持費がかかる>
2つの会社を動かさなければならない訳ですから、
均等割という地方税や、登記費用、顧問税理士がいればその報酬等が
増えることになります。

その2
<グループ会社間の取引は要注意>
複数の会社をもった時に気を付けなければならないのは、
「不自然なお金の流れ」です。
もちろんですが、税務署から見れば、経営者が同じことは丸わかりなので、
黒字になった分を赤字の別会社へ融通するというようなことはできません。

このような注意点がありますが、会社の経営が順調で、
儲けがあるのであれば、複数の会社を持つことを考えてもいいかもしれません。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。