社会保険とは - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 社会保険とは

社会保険とは

会社を設立すると、社会保険へは強制加入となります

一般的には社会保険というと、
「健康保険」、「厚生年金保険」、「労災保険」、「雇用保険」
の4つのことを指します。

この4つを2つのグループに分けて、
社会保険(健康保険・厚生年金保険)と労働保険(労災保険・雇用保険)
と呼ぶ場合もあります。

今回は、後者の社会保険(健康保険・厚生年金保険)の2つのことです。

※ちなみに、40歳以上の方が加入する介護保険は
健康保険料と一緒に徴収されるため、ここでは同じ扱いとして考えます。

個人事業主の場合には、5名以上の従業員を雇っている一定の業種では、
正社員のみ社会保険のみを社会保険に加入させている事業所もあるでしょう。

ところが、法人成りをした場合には、
事業主した場合には、事業主自身も家族従業員、正社員も
その常勤社員全員が社会保険に強制加入する事になります。

そして、社会保険に入った場合には、
健康保険料、厚生年金保険料のどちらも会社が半分を負担します。

そのため、会社負担の保険料は膨れ上がります。

また、社会保険は強制加入であるのに、手続きはとても面倒です。
そして、従業員の就任・退社のたびに年金事務所への届出が必要になります。

このように、社会保険は会社への負担となります。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。