法人成りのデメリット 決算手続き - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 法人成りのデメリット 決算手続き

法人成りのデメリット 決算手続き

会社の場合は、決算手続きが複雑になります

決算は毎年やってきます。

個人事業では、12月31日が決算日になりますが、
法人の場合は、定款で自由に定めることができます。

法人成りをすると決算手続きは大変です。
会社の場合は、決算日から2か月以内に申告を終えなければなりません。
また、事務手続きも納税資金の確保も同時に行わなければなりません。

申告書の提出においても、違いがあります。

個人事業では、複写式の確定申告書を税務署に提出すると、
自動的に納税地である市町村にも自動的に提出されます。

会社の場合は、都道府県事務所、市町村に
それぞれに申告書類を別々に作成し届け出なければなりません。

そして、会社は確定申告の際に、損益計算書の他に、
貸借対照表という決算書を作成しなければなりません。

これは複式簿記により記録し、決算書に落とし込んだモノを、
賃借対照表の提出も求められます。

このように、手間のかかる決算ですが、悪いことばかりでもありません。

損益計算書と貸借対照表の2つを合わせれば、
自分の事業の強みと弱みが見えてきます。

そして、これは経営に活かしていくことができます。

決算手続きの手間は、デメリットではありますが、
考えようによっては、経営を見直すいいチャンスともいえます。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。