手間というデメリット - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 手間というデメリット

手間というデメリット

会社にすればいろんな義務が課される

法人成りをすると、様々な優遇税制や社会的な権利を獲得できる一方で、
様々な義務も課せられます。

会社を設立するためには、定款の作成や登記が必要であったり、
従業員を雇えば、必ず社会保険には加入しなければなりません、
会社をたたむ時にも、解散や清算の手続きが必要になります。

・設立・登記→定款の作成やいろいろな申請などが必要
・経理・決算→複雑な経理作業や、決算の手続きが必要
・社会保険→社会保険の加入手続きや労働保険の変更手続きが必要
・議事録の作成→重要な意思決定には、決議とその議事録が必要
・重要事項の変更→会社の重要な事項を変更するには手続きがいる
・会社の清算→会社をたたむときにも手続きが必要

法人成りをする場合にはこのような、手間がかかるというデメリットもあります。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。