役員変更にともなう留意点 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 役員変更にともなう留意点

役員変更にともなう留意点

留意点役員を変更するにあたって、注意する点がいくつかあります

1、解任役員の損害賠償請求
役員を解任すれば、その解任について、正当な理由がある場合を除いて、
解任された役員は、会社に対し、解任により生じた損害を請求することができます。

2、代表取締役に欠員が生じた場合
代表取締役は、任期満了又は辞任により退任すれば、
新たに選任された代表取締役が就任するまでの間は、
代表取締役としての権利や義務を有します。

3、役員解任・選任の場合の定足数
役員解任・選任をおこなう際の普通決議の定足数は、
定款によっても、1/3を下回ることはできません。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。