役員の変更 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 役員の変更

役員の変更

役員の変更には、登記が必要

株式会社の役員とは、取締役・監査役・会計参与の3種類あります。

この役員を変更するためには、原則として、株主総会の決議が必要です。

現在は、取締役の解任が普通決議で可能となりました。
そのため、従来よりもスピーディーに経営戦略を変更できるようになりました。

これらの役員変更の手続きには、登記手続きが必要です。

1、役員の選任・解任・重任
役員の選任・重任、取締役の解任...株主総会の普通決議
監査役の解任、役員の人数変更...株主総会の特別決議

※重任とは、任期満了と同時に引き続き選任されることです。

2、代表取締役の選任・解任
取締役会設置会社...取締役会がおこなう
取締役非設置会社...取締役の合意、又は、株主総会の決議による

3、役員の辞任
辞任は、本人の意思で可能
会社への辞任届が必要です。

4、その他
役員の住所氏名変更や死亡、欠格事由の発生など、
会社の意思決定によらないものは、
一定の書面とすみやかな登記手続きが必要です


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。