会社の解散と清算 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 会社の解散と清算

会社の解散と清算

解散した会社は財産の整理をする

会社の解散とは、つまり会社がなくなってしまうことです。

会社が解散すると、その会社に財産を残しておくことはできません。

会社の財産を整理することを清算と呼びます。

残っている財産を債権者に対する弁済に使われます。
債権者への弁済し、なお財産が残っている場合には、株主に財産を分配します。

これらの手続きは、清算人が行います。
清算人とは、一般的に会社の解散時の取締役がその任につきます。

会社法によると、清算人は最低1名必要です。
以前なら、清算手続きは、裁判所の監督のもと行われていました。

現在では、
1、清算の遂行に著しい支障をきすべき事情がある場合
2、債務超過の疑いがある場合
これらの特別清算を除いて、

通常清算とよばれるものは、裁判所の監督を服さなくともよくなりました。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。