会社の解散 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 会社の解散

会社の解散

会社の解散事由

株式会社の解散は次のような事由によっておこります。
1、定款に定めた存続期間の満了
2、定款で定めた解散事由の発生
3、株式総会の特別決議
4、合併
5、破産手続き開始の決定
6、裁判所における解散を命ずる裁判
7、最終登記日から12年経過した休眠会社

会社が解散した場合に、そのまますぐに会社がなくなる訳ではありません。
解散した際には清算という手続きをしなければなりません。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。