許認可の仕組み - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 許認可の仕組み

許認可の仕組み

業種によって申請先が様々です

許認可は、許可・登録・免許・届出の4つに分類されます。

会社が許認可業種を行う場合に、会社の規定のほかそれぞれの業種ごとに
法律が適用され、その法律に基づき許認可の申請が義務付けられています。

適用されるには、食品営業、不動産業、旅行業など様々なものがあります。

申請先は、会社の事務所や営業所を管轄する官庁や知事等です。
受付の窓口は保健所や警察署等、業種に応じて異なります。

また、1つの業種でも複数の許認可が必要な場合があります。

許認可業種であるのに、無許可で営業すると
いわゆる、もぐり営業となってしまします。

その場合、罰則や営業停止などの厳しい処罰を受けることになります。

許認可の必要な事業を始めようとお考えの方は、お気軽にご相談してください。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。