有限会社から株式会社への移行の方法 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 有限会社から株式会社への移行の方法

有限会社から株式会社への移行の方法

登記の変更が必要です

有限会社から株式会社への移行手続きが簡単にできるようになりました。

1 株主総会決議
株式会社への商号変更を決議します。
<必要であれば、取締役について決議も合わせて行う>
・取締役の任期を伸ばす。
・取締役の選任

定款の変更事項となるので、特別決議が必要となります。
※特別決議とは、議決権の過半数を有する株主の出席のもと、
出席株主の議決権の2/3以上お賛成で可決となります。

2 登記
法務局にて、2つの登記申請の手続きを同時に行います。
① 有限責任組合の解散登記
・登記の事由
「通常の株式会社への移行による解散」とします。
・登録免許税3万円
② 株式会社の設立登記
・登記事項の事由
「商号登記による通常の株式会社への移行手続き」とします。
・資本金額の1.5/1000
(税額が3万円未満なら3万円)

以上が株式会社への移行手続きです。
何か疑問やご相談があればお気軽にご相談ください。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。