取締役会とは - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 取締役会とは

取締役会とは

株式譲渡制限会社であれば、取締役会の設置は任意です

新会社法により、譲渡制限会社では取締役会を置くかとが任意となりました。

取締役会を設置しない場合
取締役が2名以上いるときは、会社の業務を取締役の過半数で決定します。
但し、各業務を取締役に委任することができます。

取締役会を設置する場合
取締役会は3名以上の取締役で構成されます。
そして、業務の意思決定、取締役の監督、代表取締役の選任・解任を行います。

代表取締役は、日常の業務執行について職務の執行状況を報告します。
これは3か月に1回以上しなければなりません。
つまり、取締役会は最低3か月に1回はする必要があります。

取締役会の決議は、議決に加われ取締役の過半数が出席し行います。
そして、その過半数をもって可決されます。
その決議に特別の利害関係がある取締役は議決に加わることはできません。

以上をふまえて、取締役会を設置するかどうかをお考えください。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。