株主総会とは - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 株主総会とは

株主総会とは

株主総会とは株式会社の最高意思決定機関です

株主総会とは株主の総意によって会社の意思を決定する最高意思決定機関です。
決算の承認や会社の合併・解散などの会社の重要事項の意思決定をします。

株主総会は少なくとも年1回は開催する必要があります。

株主総会は3つの種類があります。
定時株主総会と臨時株主総会、創立総会です。

・定時株主総会
毎年定期的に開催され、おもに決算や配当の決議がされます。
・臨時株式総会
必要があれば開催され、主に会社の根幹に関わる重要事項の決議がされます。
・創設総会
会社設立時に開催され設立事項を決議します。

株主総会で決議する事項は様々です。
そのため、決議する内容は様々で重要な内容であれば、
多くの株主からの賛成が必要とするような決議要件を定めています。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。