電子定款認証とは - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 電子定款認証とは

電子定款認証とは

電子定款認証では、収入印紙代4万円がかかりません

電子定款とは2004年3月よりCD-Rなどでの認証を受けられるようになりました。

電子定款を利用すると、定款認証時に必要な収入印紙代の4万円が不要です。
つまり、会社設立時の費用を節約することができます。

電子定款で認証を受けるには、従来通り公証人役場に出向くことが必要です。
決してインターネット上で認証できるわけではありません。
認証を受けるときに紙でなく、電子文書で行います。

作成した定款をPDF化し、予め取得した電子証明書を用いて電子署名を行います。

電子媒体は文書の扱いではないので、印紙税法で非課税となります。
つまり、印紙代の負担がなくなります。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。