定款の絶対的記載事項について - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 定款の絶対的記載事項について

定款の絶対的記載事項について

絶対的記載事項は最も重要な事項です

絶対的記載事項は、必ず定款に記載しなければなりません。

絶対的記載事項の内容
・ 商号
・ 目的
・ 会社が発行する株式総数(会社が発行できる株式の上限)
・ 設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
・ 本店の所在地
・ 発起人の氏名及び住所、引受株数

絶対的記載事項で一つでも欠けたり、法律に違反してはいけません。
そのような定款は、定款自体が無効となります。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。