会社の分類とは - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 会社の分類とは

会社の分類とは

会社の特徴を理解しよう

4種類ある会社形態の特徴を分かりやすくするため、分類わけしてみました。

出資者の責任による分類
・有限責任(株式会社・合同会社)
会社の責務に対して、出資者は出資金額の範囲内でしか責任を負わない。

・無限責任(合資会社・合名会社)
会社の責務に対して、出資金額の範囲を超えて責任を負う。
場合によっては、個人財産を投げ打ってでも責任を負わなければならない。

出資者の条件による分類
・公開会社(一部の株式会社)
資本金を広く一般の多くの人から出資してもらう。
大きな資本を集めることができる会社組織。
株式の一部または全部の譲渡が自由である。

・非公開会社(合同会社・合資会社・合名会社・一部の株式会社)
資本金の出資者が家族や知り合いで固められ、知らない者が出資者となることはありえない。
すべての株式について譲渡に制限がある。

出資者と会社の関係による分類
・人的会社(合同会社・合資会社・合名会社)
会社と社員の関係が密接で、社員の個性や信用に重点がおかれている。
誰が出資者であるかどうかが重視される会社。

・物的会社(株式会社)
誰が出資者であるかよりも、会社の財産が重視される会社。

以上が会社特徴の分類です。
会社設立を考える際に活用してください。

何か疑問・相談等あれば、お気軽にご連絡ください。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。