定款とは - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 定款とは

定款とは

定款とは会社の憲法のようなものです

会社の目的や商号、組織やその運営など基礎となるものを定めたものです。

会社が定款に定めた事柄は法の効力をもちます。

そして、会社の活動は定めた定款に沿って行われます。
会社が自ら定めた定款をもとに自主的に運営することを定款自治といいます。

新会社法により定款自治の範囲が拡大されました。
そのため、より自主的な運営をすることができるようになりました。

定款の内容は3つの事項が分かれます。
絶対的記載事項
記載しないと定款自体が無効になってしまうもの。
相対的記載事項
記載しなくても定款は無効にはなりません。
しかし、記載しないとその事柄の効力が認められないもの。
任意的記載事項
定款で定めなくても効力が認められるもの。

会社法の制度をもとに、事情や目的に合わせて機関設計をするのが重要です。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。