株式の譲渡制限 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 株式の譲渡制限

株式の譲渡制限

株式の譲渡制限をすることができます

株式会社では原則として株主は株式を自由に譲渡することができます。

しかし、株主は会社の経営に参加する権利を有しています。
そのため、例外なく譲渡を認めてしまうと、会社にとって好ましくない人にもその権利が渡ってしまう可能性があります。

そこで、定款に記載することで株式の譲渡を制限する制度があります。

株式の譲渡制限をすると、株式を譲渡する際に取締役会の承認が必要です。
(取締役会が設置されていなければ株主総会の承認が必要となります。)

株式の譲渡を承認することで、会社にとってふさわしい株主が選別されます。

会社を設立する際、ほとんどの会社が定款で株式の譲渡を制限しています。
会社設立をお考えの方は参考にしてください。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。