パススルー課税とは - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > パススルー課税とは

パススルー課税とは

LLPではパススルー課税となる

有限責任事業組合(LLP)の場合にパススルー課税という制度がとられます。

パススルー課税は構成員課税とも言います。
パススルー課税とは、株式会社における法人税とは異なる制度です。

税金が有限責任事業組合に課されず、各構成員に直接課される仕組みです。

例えば、有限責任事業組合に利益が生じたとします。
その場合は、その構成員である各組合員に対して課税されます。
損失が生じた場合には、各構成員はその損失を他の所得と通算できます。

このような仕組みから、パススルー課税により税負担が軽減されます。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。