登録免許税とは - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 登録免許税とは

登録免許税とは

登記申請を行うにあたって、添付書類の他に必要となるのが、登録免許税です。

税額は登録免許税法に規定により登記の種類に応じて細かく定められています。
会社設立の場合には、税額は資本金の総額1000/7になります。

ただし、この方法で計算した額が株式会社では15万円、合同会社では6万円に満たない場合は、株式会社は15万円、合同会社は6万円を納付することになります。

納付方法は、ほとんどが収入印紙を登録免許税納付用台紙に貼って提出します。
現金で納付する形をとっている登記所もあります。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。