合同会社とは - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 合同会社とは

合同会社とは

合同会社は持分会社に分類れます

2006年の新しい会社法が施行されました。
その際に、新たに設立が認められた会社組織が合同会社です。

株式会社の経営は株主の意向に左右されやすいと言えます。
それに比べ合同会社は、自由経営が行いやすい会社形態です。

合同会社は、もともとアメリカで認められているLLCという会社形態が基にして新たに導入されました。
細かい点がアメリカのLLCと異なっており、日本版LLCなどと呼ばれています。

会社法には株式会社と持分会社という2つの類型があります。
合同会社が持分会社に該当します。

持分会社の中でも、合同会社は全社員が有限責任となる会社組織です。

有限責任とは、会社が万が一借金等を負ったとします。
その際、社員が出資した分を超えてまで、債務を責任を負わないというものです。

これが合同会社というものです。

新会社法の施行により新たな有限会社が設立できなくなりました。
そのため、合同会社を設立する人が増えています。

会社設立をお考えの方は参考にしてみてください。
ご相談があればお気軽にご連絡ください。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。