会社の設立と会社にかかる税金 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 会社の設立と会社にかかる税金

会社の設立と会社にかかる税金

事業を進めていく上で、会社を設立すれば終わりではありません。
事業をして、儲けを出さなければいけませんし、社員の管理もあります。
そして、税金を納めると言う事も、
会社を経営していくうえで切っても切れない事です。

ではどんな税金があるのでしょうか?

儲けに対しての税金は法人税、事業税、住民税、そして消費税などがあります。

また、資産にかかる税金として、固定資産税や自動車税。

そして、随時かかる税金に印紙税や登録免許税があります。

会社を経営するためには儲けを出す事が一番大事です。
会社の設立や社員の事、税金などは専門家に相談する方が良いでしょう。

会社の設立や個人事業の法人化
その他、会社運営にかかる相談を神戸・大阪でする


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。