会社法により会社の設立が簡単になった - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 会社法により会社の設立が簡単になった

会社法により会社の設立が簡単になった

会社法の施行により、手続きが簡素化

あなたは株式会社を設立する!と聞いたときどのような印象を受けますか。
お金がたくさんいるんでしょとか、何人でするの?とまず考えるかもしれません。

でも、そんな会社の設立ばかりじゃないんです。

平成18年5月に新しく会社法が施行されました。

かつては、会社に関する規定は、様々な法律にわたっていました。
その内容を1つにまとめ、わかりやすく再編したものが会社法です。

また、この会社法では、中小企業などの実態を踏まえ、
実質的な改正が大幅に行われています。

会社法の主な特徴
1、条文が読みやすい
以前のものは、カタカタの文語体で表記されていましたが、
会社法では、ひらがなの口語体に変えられました。

2、会社の実態に合わせた組織作りができる
会社法では、有限会社制度が廃止されたため、
新たな有限会社の設立はできなくなりました。

それに伴い、株式会社でもシンプルな組織作りができるようになり、
取締役1名の会社もできるようになりました。

3、会社設立手続きがスムーズ
最低資本金規制が撤廃されたため、資本金1円から起業が可能になりました。
これが最大の改正点でしょう。

このほか、類似商号調査が不要になり、払込金保管証明制度の一部廃止等、
会社設立の手続きを簡素化する改定が行われています。

このように、会社法が施行されたことにより、
株式会社であっても、設立が比較的簡単にできるようになりました。


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。