会社設立のメリット 責任の負担 - 神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

神戸で会社設立・法人化するなら、東灘区の行政書士松見法務事務所

HOME > 会社設立コラム > 会社設立のメリット 責任の負担

会社設立のメリット 責任の負担

営利事業は個人で行うこともできます。
また、複数の者の契約により共同(組合)によっても行う事が出来ます。

では、なぜ、会社をつくるのでしょうか?

それは、個人事業をするよりも会社組織にする方が、
メリットが多いといえるからです。

事業活動をする以上はさまざまなことで
損害賠償責任が発生する可能性があります。

例えばあなたが、個人で事業を起こした場合
あなたが事業活動に伴う権利や義務を負うことになります。
 
つまり、契約上生じた借金等についてすべての責任を負ことになり、
預金、住居、土地など個人の財産をも使って借金を支払わなければなりません。
 
しかし、会社組織の場合では、例え倒産しても,
最初に出資したお金が返ってこないだけで、さらなる支払い義務をおいません。
自らの財産をはたいてまで借金を支払わずにすみます。
 
そのほかにも、会社を設立することにはたくさんのメリットがあるといえます。

設立のメリットが多いと言っても、
会社設立するには、さまざまな手続きが必要となってきます。

※会社種類によっては責任を負うことになります。(合名会社、合資会社等)


> 会社設立コラム

会社設立コラム一覧へ


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

PageTop



HOME - 会社に係わる法 - 会社設立 よくある質問 - 会社設立と個人事業 - 会社設立の用語集 - 会社設立コラム - 助成金・融資・資金調達

会社設立各種サポート - 会社設立の流れ - 提携の専門家
当事務所について - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。